1 Sports Betting イギリス

ブックメーカーのマーケティング活動は、英国でスポーツベッティングの人気が高まっているもう1つの最大の理由です。今日採用されているマーケティング戦略は、多くの場合、いくらか魅力的な賭けをしたいという衝動に駆られます。たとえば、ウェルカムボーナスなどのインセンティブをプレイすると、多くの人が賭けを試すようになり、最終的には通常の賭けになります。

可能にする環境は、スポーツギャンブルの人気にも貢献しています。賭けは合法ですが、厳格な規制により、パンターは十分に保護されます。ギャンブル委員会は、2005年のギャンブル法に従って、DCMSに代わってすべてのギャンブル活動を規制する責任があります。

1 Sports Betting イギリス
英国での賭けの歴史

英国での賭けの歴史

英国のギャンブルの歴史は1600年代後半にさかのぼることができます。国際貿易は主に国内でのギャンブルの導入に貢献しました。当時、ほとんどの賭けはカードゲームにかけられていました。しかし、国に対する強い宗教的信念のため、ギャンブルはそれほど成長しませんでした。

1700年代に、競馬は英国で人気を博し始めました。競馬場が建設され、競馬が公式スポーツになりました。そのため、パンターはレースイベントに賭けをし始めました。

いくつかのブックメーカーが登場し、 ベッティングオッズ すべての異なる参加馬のために。ハリーオグデンはオッズを提供した最初のブックメーカーでした。当時、彼は馬の体型や体格に基づいてオッズを決めていました。彼は後に彼が提供したオッズに利益率を挿入しました。これはギャンブル事業の利益と持続可能性を確保するのに役立ちました。

1800年代

1800年代初頭、英国ではまだ賭けに関する規制はありませんでした。ブックメーカー、特にトラックから離れた場所でサービスを提供するブックメーカーにとって、賭けは少し危険になりました。過誤事件を規制する権限がなかったため、過誤事件が業界に忍び寄るまでにそれほど時間はかかりませんでした。

賭け金を失った後に支払うことができなかったパンターから集めるためにブックメーカーによって雇われた債権回収者もやって来ました。意見の不一致がひどくなり、ある時点で数人が死亡した。

1845年に、賭けの行為はビクトリア朝の治世によって可決されました。この法律は、パンターとブックメーカーの間の不一致を最小限に抑えることを目的としており、賭けは許可された契約とは見なされないと述べています。ギャンブル依存症はすでに人々の間で高かったので、行為はあまり変わりませんでした。 1853年に、家がギャンブル活動を主催することを禁止する別の規制が可決されました。その結果、パンターは賭けのニーズを満たすために競馬場に戻りました。

1900年代

賭けは1900年代までかなり長い間競馬に限定されていました。 1923年には、サッカープールもブックメーカーによって導入されました。グレイハウンドレースは1926年に続き、後に他の多くのスポーツが参加しました。 1960年に賭け法が可決され、すべてのブックメーカーが一般の人々に敬意を持ってサービスを提供することが義務付けられました。ブックメーカーは、国内で完全に認識されるようになるために定められたすべてのギャンブル規則に従う必要がありました。

プレミアリーグエフェクト

1960年のギャンブル法によると、パンターはテレビで放映されたゲームにのみ賭けることが許可されていました。 Sky Sports TVは、リーグが結成された直後にプレミアリーグの試合を放映する権利を取得しました。毎週いくつかのゲームが行われ、パンターに多くの賭けの選択肢が与えられました。その結果、英国ではスポーツベッティングが大幅に増加し、すぐに他の国に広がりました。

オンラインギャンブル

オンラインスポーツベッティング 1990年代後半に導入されました。これは、英国および世界中でのスポーツベッティングにおける最も重要な変化を示しています。オンラインベッティングはモバイルベッティングを含むように進歩し、パンターの数を増やすのに役立ちました。

英国での賭けの歴史
最近のイギリスでの賭け

最近のイギリスでの賭け

今日、ほとんどのスポーツパンターはオンラインベッティングプラットフォームを介して賭けをします。賭け金を置くプロセスは、預金の作成や賞金の引き出しなど、これまでになく簡単になりました。スポーツへの賭けをより面白くするために、多くの機能も導入されています。良い例はライブベッティングです。これにより、パンターは進行中の試合に賭けることができます。

英国におけるスポーツベッティングの未来

スポーツベッティングは、今後も英国で大きな問題になる可能性が高いです。これは、スポーツベッティング業界によって生み出された増え続ける収益に基づいています。

オンラインベッティングには多くの利点があるため、ほとんどのブックメーカーは引き続きオンラインで運営されます。また、競争の激しい業界で生き残るために差別化するオンラインベッティングサイトの方法として、パンターに多様性を与えるために、より多くの機能と種類のスポーツベッティングが導入される可能性があります。

最近のイギリスでの賭け
イギリスではカジノは合法ですか?

イギリスではカジノは合法ですか?

英国の賭博業界は、最も発展した包括的な法律のいくつかによって統治および規制されています。国内で最も古いスポーツブックが作成されたことを考えると、これは非常に論理的です。スポーツベッティング交換もこの国で始まりました。そこでは、パンターは固定オッズではなく、ベッティングプールで賭けることができました。

陸上でのスポーツベッティングは、当時のすべてのスポーツベッティング業務を合法化した1960年の賭博および賭博法のおかげで、英国では合法です。 2005年のギャンブル法により、オンラインスポーツベッティングも合法化されました。この法律はまた、ギャンブル業界をよりよく規制するために設計されたいくつかの新しい規則を導入しました。

また、あらゆる種類の賭博業務を監督する主要な賭博規制当局として英国賭博委員会を設立しました。この法律はまた、ブックメーカーへの課税を明確にし、オフショアを拠点とする英国のブックメーカーに15%の追加税を課しました。

英国の賭博法

英国は、スコットランド、イングランド、ウェールズ、北アイルランドで構成されています。スポーツベッティング法の大部分は、1921年に英国から独立して以来、さまざまなギャンブル法が適用されてきたアイルランド共和国を除いて、すべての国に適用されます。

イギリスではカジノは合法ですか?
英国の賭博行為

英国の賭博行為

1931年の賭博法

1931年の賭博法は、アイルランド自由国におけるあらゆる形態のギャンブルの規制を支援するために制定されました。法律は陸上のカジノにのみ焦点を当てていました。時が経つにつれて、法律は古風なものと見なされていました。これは主に、国内でオンラインおよびモバイルベッティングを導入した後のことです。

カジノ規制委員会は2006年に設立され、オンラインおよび陸上のカジノと賭博プロバイダーの両方のすべてのギャンブル活動を監督する責任を負っていました。

1956年の賭博および宝くじ法

1956年、賭博および宝くじ法が可決されました。この法律は陸上でのゲームを許可しましたが、いくつかの制限がありました。たとえば、カジノは違法でしたが、法律は民間のギャンブルクラブの運営を許可していました。

アイルランドのゲーミングアンドレジャーアソシエーションは、プライベートカジノのライセンスの詳細を提供しました。同法はまた、契約が締結された場合を除いて、裁判所でのギャンブル関連の債務の執行を禁止した。

2001年のグレイハウンドレース法

2001年のグレイハウンドレース法は、国内でグレイハウンドと競馬への賭けを合法化しました。しかし、それはすべての固定オッズ賭博端末を非合法化しました。この法律により、アイルランドのパンターは、国内に拠点を置いていない賭けサイトやカジノにオンラインで賭けることができました。

2015年賭博法(改正)

2015年の賭博法は、既存の法律がギャンブルの規制において非効率的だったために制定されました。これは、オンラインゲーム業界の導入と成長のために特に当てはまりました。 2015年の賭博法は、1931年の賭博法で可決されたいくつかの法律を廃止し、すべてのオンラインおよびリモートギャンブルの規定を概説しました。

英国でのスポーツベッティングに対する税金およびその他の強制徴収

一般的な賭けの義務は、トータリゼータおよび固定オッズの賭けでは15%、金融スプレッドの賭けでは3%、その他のスプレッドの賭けでは10%です。プールベッティングの義務は15%、リモートゲームの義務は21%です。

英国の賭博行為
イギリスのプレイヤーのお気に入りのゲーム

イギリスのプレイヤーのお気に入りのゲーム

フットボール

アソシエーションフットバルlはサッカーとも呼ばれ、英国で最も人気のあるスポーツです。現在、国内には40,000以上のサッカークラブが登録されています。サッカー界で最も有名な名前のいくつかは、英国プレミアリーグから来ています。

プレミアリーグは、世界中の何百万人ものサポーターを指揮することでも知られています。その結果、英国のほとんどのパンターは、サッカーとの関連性が高いため、他のどのスポーツよりもサッカーに賭けることを好みます。

ラグビー

ラグビー ユニオン、単にラグビーは、イギリスで発明されたコンタクトチームスポーツです。英国で2番目に人気のあるスポーツにランクされており、この地域では30万人以上のアクティブな選手がおり、ラグビーの試合を定期的に観戦している何百万人ものサポーターがいます。ラグビーはまた、パンターに多くの賭けのオプションを提供し、パンターの間で人気があります。

テニス

テニス 特に若い世代の間で、英国で人気のあるもう1つのスポーツです。このゲームは、サッカーやラグビーの場合ほど多くのテレビ視聴者を獲得していません。

しかし、多くの人が自由時間にそれを演奏します。多くの人々がラケットを手に取ってゲームを楽しむのに十分な自由な時間を持っていたので、テニスプレーヤーの数はパンデミックの間に増加しました。テニスイベントは通常、英国のほぼすべての人気のあるスポーツベッティングサイトでも取り上げられています。

イギリスのプレイヤーのお気に入りのゲーム
英国での支払い方法

英国での支払い方法

オンラインベッティングアカウントから資金を預けたり引き出したりしようとしているパンターには、さまざまな支払いオプションがあります。オンラインカジノのプレーヤーは、利便性やアクセスのしやすさなどの要素に基づいて、さまざまな好みを持っています。いくつかの 最も人気のある支払いオプション 以下で強調表示されています。

クレジットカードとデビットカード

クレジットカードとデビットカードは、オンラインスポーツベッティングプラットフォームで最も好まれる銀行オプションです。これは主に、カードを使用して取引するのがいかに簡単かによるものです。パンターは、オンラインベッティングサイトでカードの詳細を入力するだけで、取引を行うことができます。ほとんどの英国市民はすでにクレジットカードまたはデビットカードを持っているため、初めての人でもプロセスがより速く簡単になります。

デジタルウォレット

英国でもデジタルウォレットは非常に人気があります。これは、eウォレットによってオンラインでの入金がより簡単かつ迅速になるためです。すべてのトランザクションも比較的安全です。クレジットカードまたはデビットカードの主な欠点は、通常、引き出しに時間がかかることです。

モバイル決済

モバイル決済は、現在の世界で広く受け入れられるテーマになりつつあります。最も人気のある2つのオプションは、ApplePayとAndroidPayです。これらは、簡単な支払いの利便性をもたらします。ただし、パンターは引き出しをサポートしていないため、預金を行うためにのみ使用できます。

Eウォレット

Eウォレットはヨーロッパでも非常に人気があります。 2019年、PayPalは一般的に最も使用されているオンライン支払いオプションにランク付けされました。ほとんどすべての人気のあるオプションがそうであるように、電子財布を受け入れるオンラインカジノまたは賭けサイトを見つけることは非常に簡単です。

英国での支払い方法
英国でのスポーツベッティングに関するよくある質問

英国でのスポーツベッティングに関するよくある質問

英国ではスポーツへの賭けは合法ですか?

スポーツベッティングは現在、英国では合法です。ただし、いくつかの法的な制限があります。たとえば、合法的に賭けるには、パンターは18歳以上である必要があります。

スポーツベッティングのヒントを支払っても大丈夫ですか?

一般的に、パンターは賭けのヒントにお金を払うべきではありません。それは、ヒントや戦略が勝利を保証できないためです。ただし、ヒントは、プレーヤーが情報に基づいた賭けの決定を行うために必要なすべての調査作業を行わないようにするのに役立ちます。ほとんどの場合、そのようなヒントは通常、オンラインで無料で入手できます。

プレーヤーはどのくらいのお金を賭けるべきですか?

賭け金として配置する金額は、通常、プレーヤーのバンクロールによって異なります。ギャンブルするお金が多いプレイヤーは、より多くのお金を賭けることができます。いくつかの財務戦略は、プレーヤーが各賭けに賭ける適切な金額を決定するのにも役立ちます。ただし、プレーヤーは、失うわけにはいかないお金を賭けることを常に避ける必要があります。

パンターはどのオンラインスポーツブックを使用するかをどのように決定する必要がありますか?

適切なスポーツブックを決定するために行うべきいくつかの考慮事項があります。手始めに、プレーヤーは賭けサイトが認可されていることを確認する必要があります。その他の考慮事項には、適格性、支払いオプション、提供される賭け市場、使いやすさ、および顧客サービスが含まれます。

英国でのスポーツベッティングに関するよくある質問