1 Sports Betting インドネシア

イスラム教徒が国の人口の驚異的な85%を構成していることを考えると、インドネシアは本質的にイスラム国家です。シャリーア法は、一般的に賭けとギャンブルに関して明確です。この法律によると、賭けはハラーム(許可されていません)であり、有罪とされた人は誰でも罰を受けることを意味します。

そして、ギャンブルは違法であるだけでなく、不道徳と見なされています。国内では賭け屋や宝くじは許可されておらず、インドネシア政府は違法なブックメーカーが登場する前から取り締まることが知られています。では、賭けをしたいインドネシア人にはどのような選択肢がありますか?

1 Sports Betting インドネシア
インドネシアの賭け

インドネシアの賭け

22ベット、 1xBet、Betfair、Meltbet、およびBK8は、インドネシアからのプレーヤーを受け入れるオフショアベッティングサイトの一部です。インドネシア人はVPNを使用して、当局がこれらのサイトにアクセスするためにVPNに追いつかないようにしています。これが意味することは、インドネシアのパンターは保護されていないということです。海外の場合 オンライン賭博サイト 彼らのお金を差し控え、彼らが彼らの損失を取り戻すのを助けるための法的なルートはありません。

このようなシナリオを防ぐために、インドネシアのパンターは、賭けるスポーツブックを選択する際にデューデリジェンスを支払う必要があります。要約すると、インドネシアでは非イスラム国家ほど賭けは人気がありませんが、オフショアの国際カジノで賭けるインドネシア人は何百万人もいます。

インドネシアの賭け
インドネシアでの賭けの歴史

インドネシアでの賭けの歴史

インドネシアでは、賭けは印象的な歴史を誇っていません。上で説明したように、インドネシアは主にイスラム教徒の国であり、賭けが国の選択肢と見なされたことは一度もないことを意味します。ただし、もちろん、この活動にはいくつかの歴史があります。オンラインベッティングは1994年に始まったと考えられています。オンラインベッティングを可能性として考えていなかった国は多くないことを考えると、これは多くの国にとって驚きだったようです。

オンラインベッティングが現実のものとなった当時、インドネシアではベッティングショップや実際のギャンブルの場所は許可されていませんでした。しかし、インターネットベッティングはまったく新しい現象であり、インドネシア政府はそれを制御することはほとんどできませんでした。 VPNやその他のオンラインツールを使用してオンラインスポーツブックにアクセスできるパンターがいるため、インドネシア当局はオンラインベッティングをやめる努力の成功を主張することはできません。 2012年、政府はスポーツベッティングを含むあらゆる形態のオンラインギャンブルを完全に禁止する計画を発表しました。

インドネシアでの賭けの歴史
インドネシアでの賭けの未来

インドネシアでの賭けの未来

インドネシアは依然としてシャリーア法の厳格な支配下にあり、その賭けとギャンブルに対する立場は一般的に明らかです。 2012年の発表が発効し、インドネシア当局は、国境内で誰もオンラインで賭けないようにするためのいくつかの措置を実施しました。これは、インドネシアの賭けの風景には明るい未来がないという事実へのポインターです。

しかし、政府がオフショアスポーツブックへのアクセスを阻止するためにさらに努力しない限り、その努力はあまり効果的ではないかもしれません。テクノロジーは日々進化しています。今日、インドネシアの土壌から他の方法ではアクセスできない賭けサイトに到達するためのVPNがあります。これらのツールを使用すると、インドネシアのパンターは、実際のIPアドレスをマスクしながら、どの国際サイトにも賭けることができます。これにより、政府がインターネット活動を取り締まるのは非常に困難になります。

さらに、多くのオンラインベッティングサイトでは、インドネシア人が自分の好きなスポーツイベントにサインアップして賭けることができます。そして、クリプトはインターネット賭けを嵐のように受け止めており、パンターは匿名で賭けることができます。暗号がなければ、インドネシア政府はオンライン賭博の禁止を効果的に実施する良い機会がありました。

これは、VPNを堅牢なアンチVPNテクノロジーでブロックできるためです。良い例は、中国のグレートファイアウォールです。この「壁」により、中国は国内でのインターネットの使用を規制し、外国のWebサイトへのアクセスをブロックすることができます。この障壁を回避できるVPNはありません。誰が知っている、インドネシアは同じことを考えているかもしれません。

インターネットファクター

インドネシアでのインターネットアクセスの普及は、オンラインベッティングの防止に関する限り、最大の障害の1つであるように思われます。今日(2022年現在)、国の約70%がインターネットに接続されています。つまり、少なくとも1億9千万人のインドネシア人がインターネットを使用しており、オンラインギャンブルを防ぐことは文字通り不可能です。

しかし、インターネットの普及はそれだけではありません。まだインターネットにアクセスしていない人がさらに9千万人ほどいます。全人口がカバーされるまでに、状況は悪化する可能性があります。インドネシアの当局に残されているのは、仮想プライベートネットワークを使用して巧妙すぎることをすでに証明している法律違反者の逮捕と起訴です。

インドネシアでの賭けの未来
インドネシアではカジノは合法ですか?

インドネシアではカジノは合法ですか?

シャリーア法は賭けを容認しません。つまり、インドネシアではカジノは合法ではありません。!インドネシア人がギャンブルを楽しんだのは、国の独立後の1960年代だけでした。当時、ギャンブルに関する法律は寛大であり、市民は物理的なブックメーカーやカジノを訪れて、好きなゲームに賭けていました。インドネシアにおける今日のギャンブルの法的地位を見ると、インドネシアがギャンブルの自由を享受したのは60年代だけだったと言っても過言ではありません。

曲の変更

国がイスラムのシャリーア法に基づく宗教的伝統に戻った1973年に状況は劇的に変化した。当時、許可証を発行されていたブックメーカーは禁止され、その地位は取り消されました。今日、インドネシア人はオンラインで賭けることができます。それは、そうすることが合法であるからではなく、政府に捕まるのが難しいからです。

最後の打撃を加えるかのように、インドネシア政府は、前述のように、2012年にオンラインギャンブルの完全な禁止を宣言しました。これは、オンラインベッティングは、少なくとも当面の間、違法であり続けることを意味します。厳格なシャリア法が改正されない限り(これはほとんど不可能です)、インドネシアでオンラインギャンブルを見つけた人は誰でも起訴されます。要するに、オンラインカジノやスポーツブックはインドネシアでは違法です。

インドネシアではカジノは合法ですか?
インドネシアの賭博法

インドネシアの賭博法

これまでのところ、インドネシアのギャンブル法は、どのパンターも想像できるよりも厳しいことは明らかです。これは、スポーツベッティングを試してみたいインドネシア人にとってはひどいニュースです。状況を悪化させるために、国の社会問題省は、通信およびIT省と協力して、国民が国内のギャンブルWebサイトにアクセスするのをブロックするインターネット検閲スキームを作成しました。

注意すべき点の1つは、インドネシアではギャンブルは違法ですが、賭けをする秘密裏に運営されている物理的なギャンブルカジノがあるということです。これらの物理的な場所の運営者は、常に逃走中の犯罪組織です。したがって、そのような場所で賭けることはまったく安全ではありません。ギャンブラーにとって最良の選択肢は、定評のあるオンラインギャンブルサイトです。

インドネシアでギャンブルの犯人を罰する

とにかくこれらの法律を回避する方法はありますが、システムがそれらに追いついた場合に備えて、ベッターがそれらを待っているものを理解することが不可欠です。インドネシアの刑法は、ギャンブル法に違反した市民に最大10年の懲役を定めています。むち打ちなど、他の形態の罰もあります。たとえば、2013年には、インドネシアのギャンブル法に違反したとして警察官がむち打ちされました。これは、特にヨーロッパでは驚きかもしれませんが、イスラム国家に他に何が期待できるでしょうか。

インドネシアの法定ギャンブル時代

インドネシアではスポーツベッティングやギャンブル全般が禁止されているため、法的なギャンブル年齢などはありません。それは単に国の法律辞典には存在しません。ただし、インドネシア人を受け入れるオフショアサイトは、国からのパンターを受け入れる前に一定の最低年齢を要求する傾向があります。これはスポーツブックによって異なりますが、ほとんどの場合、年齢資格は18歳または21歳です。しかし、ほとんどのオフショアブックメーカーはベッターの年齢を確認できないため、インドネシア国民にとって年齢要件は大きな問題ではありません。多くの場合、スポーツブックでは、パンターが年齢に関する簡単なイエス/ノーの質問に答える必要があります。これはおそらく免責事項の戦略です。知るか?

インドネシアの賭博法
インドネシアのプレーヤーのお気に入りのゲーム

インドネシアのプレーヤーのお気に入りのゲーム

インドネシアの地元の人々は幅広いスポーツに情熱を持っており、それが政府による厳格な監視にもかかわらず彼らが賭けを愛する理由の1つである可能性があります。インドネシア人は、サッカーやバドミントンからバレーボールや総合格闘技まで、賭けるべき多くのお気に入りを持っています。

フットボール

他の国と同じように、 フットボール インドネシアでは、ペルシブバンドンやペルシジャジャカルタなどのサッカークラブがファンやパンターの間で興奮を呼び起こし、熱狂的なファンを楽しんでいます。インドネシア人のトップベッティングサイトは、インドネシアのリーガ1、リーガ、英国プレミアリーグなど、ローカルまたは国際を問わず、すべての主要な大会やリーグでオッズを提供します。

バレーボール

インドネシア人は彼らがセパタクローと呼ぶものを持っています、キック バレーボールゲーム 全国的に愛されています。このスポーツは、何千人ものプレーヤーを集めて、彼らが賭けることを可能にしながら、インドネシアの人口を楽しませます。このスポーツで最も一般的な賭けには、トータルセット、ハンディキャップ、マネーラインなどがあります。

バスケットボール

インドネシア語 バスケットボール リーグは国内でトップです。たくさんのファンがいて、サトリア・ムダ・ペルタミナ・ジャカルタなどのチームがファンのお気に入りであるため、インドネシア人はこのスポーツに賭ける理由があります。インドネシアの賭けサイトは、NBA(National Basketball Association)ゲームなどの国際バスケットボール大会のオッズも提供しています。

その他の人気のあるスポーツ

上記の3つのスポーツに加えて、インドネシア人はバドミントン、総合格闘技、 競馬、 と eSports。特にバドミントンは、代表チームがすでにトマス杯で13回優勝していることから、かなりの支持を得ています。その成功はベッターにとって重要なプルファクターであり、ブックメーカーは失望するわけにはいきません。

インドネシアのプレーヤーのお気に入りのゲーム
インドネシアでの支払い方法

インドネシアでの支払い方法

資金を預けてリアルマネーに賭けたいインドネシア人は、一つのことを忘れてはなりません。インドネシア政府は常に法律違反者を警戒しています。つまり、インドネシア人は使用できません 銀行の方法 それは彼らを法の長い腕にさらします。

デビットカードまたはクレジットカードを使用してスポーツブックアカウントに資金を入金しようとするプレーヤーは、お金を失うリスクがあります。さらに、マンディリ銀行やバンクラヤットインドネシアを含む国内の地方銀行は、パンターが自分の賭け口座に資金を送金できるようにすることで、政府の怒りに直面するリスクを冒すことはできません。したがって、オフショアスポーツブックに賭けたいインドネシアのパンターは、捕まるのを避けるために匿名で取引する必要があります。これらの市民が利用できる最も安全な銀行の方法のいくつかを次に示します。

暗号通貨

安全性の観点から、暗号に近い銀行手法はありません。暗号は次のようなデジタル通貨です ビットコイン、 イーサリアム、Dogecoin、およびLitecoin。これらの中で、ビットコインが最も人気があります。暗号は完全に匿名です。つまり、インドネシア政府はユーザーを捕まえる機会がありません。すべての暗号の預け入れと引き出しは、実際の住所や名前まで追跡することはできません。

Eウォレット

Eウォレットはインドネシアだけでなく世界中で使われています。実際、電子財布はオンラインでお金を送受信する最も一般的な方法であり、その安全性は疑う余地がありません。暗号のように、eウォレットはユーザーの個人情報に直接リンクされていません。これにより、誰もがユーザーを追跡することが困難になります。インドネシアで人気のある電子財布には、Jenius、DANA、LinkAja、OVO、GoPayなどがあります。それは、パンターが選ぶことができるまともなコレクションです。

インドネシアでの支払い方法
よくある質問

よくある質問

インドネシアではオンラインベッティングは合法ですか?

いいえ。インドネシアはシャリーア法に準拠するイスラム国家です。そのため、一般的に、賭けやギャンブルは完全に違法です。ただし、インドネシア人はオフショアスポーツブックにサインアップして匿名で賭けることができます。

インドネシアで最も人気のある賭けのスポーツは何ですか?

インドネシア人が賭けるのが大好きなスポーツはたくさんありますが、サッカー、セパタクロー、バスケットボール、バドミントン、eスポーツ、総合格闘技、競馬が最も人気があります。

インドネシアのパンターはどのような支払い方法を使用できますか?

インドネシアでは賭けは違法であるため、インドネシア人は匿名で取引できる支払い方法を選びます。これらには、Jenius、DANA、LinkAja、OVO、GoPayなどの電子ウォレット、およびBitcoin、Litecoin、Ethereumなどの暗号が含まれます。

インドネシアのパンターは、賞金に税金を支払う必要がありますか?

インドネシアでは賭けは違法です。つまり、賭けの収入を管理する法律はありません。したがって、賭けの賞金は国では課税されません。

インドネシア人のための最高のスポーツブックのいくつかは何ですか?

インドネシア人はそれらを受け入れる多くのスポーツブックを持っています。それらのいくつかには、22Bet、Bet365、Betfair、Meltbet、およびBK8などが含まれます。インドネシアのパンターを詐欺師から保護する法律がないため、評判の良いオフショアブックメーカーを探すのはパンターの責任です。

よくある質問