10 Sports Betting フィリピン

2022年の時点で、フィリピンのギャンブル業界は60億ドルをはるかに超える価値があります。さて、それはフィリピンの経済への貢献を無視できない巨大な産業です。しかし、多くの人が疑問に思うかもしれないのは、この国でこの産業の大規模な成長につながった可能性があることです。

さて、フィリピン国民がスポーツベッティングと一般的なベッティングに大きな欲求を持っていることは周知の事実です。そして、フィリピン人が登録して賭けることを可能にするたくさんのスポーツブックで、業界の成長を妨げるものは何もありません。

10 Sports Betting フィリピン
フィリピンの地元のブックメーカーとオンライン賭博サイト賭けるフィリピン人選手のお気に入りのスポーツフィリピンで最も安全な支払い方法フィリピンでの賭けの歴史今日のフィリピンでの賭けフィリピンの賭博業界におけるインターネットの役割フィリピンでの賭けの未来フィリピンではスポーツブックは合法ですか?フィリピンのスポーツベッティングサイトが合法であるかどうかをどうやって見分けることができますか?フィリピンの賭博行為よくある質問
フィリピンの地元のブックメーカーとオンライン賭博サイト

フィリピンの地元のブックメーカーとオンライン賭博サイト

国はまた、オンラインスポーツベッティング詐欺師から市民を保護するためのメカニズムを導入しています。全て スポーツベッティング活動 フィリピンでは、Philippine Amusement and Gaming Corporation(PAGCOR)によって監視および管理されています。

これは、リモートライセンスの発行と責任あるギャンブルの促進を担当する政府所有の規制機関です。

したがって、オフショアスポーツブックは、そのようなサイトがPAGCORのすべての要件を満たしている限り、フィリピンでの運用が許可されます。これは、フィリピン人が評判の良いサイトに賭けているので安心できるので、心を落ち着かせるニュースです。一言で言えば、フィリピンでの賭けは誰もが想像するよりも人気があります。

フィリピンの地元のブックメーカーとオンライン賭博サイト
賭けるフィリピン人選手のお気に入りのスポーツ

賭けるフィリピン人選手のお気に入りのスポーツ

好きなスポーツ、チーム、選手は、パンターの一部です。実際、一部の人々は、それが彼らに有利に機能しないかもしれないとしても、主に彼らのお気に入りに賭けます。フィリピンの状況も例外ではありません。ここの市民は、他のスポーツよりも特定のスポーツが好きです。ここに彼らのお気に入りのいくつかがあります:

フットボール

サッカーは、あらゆる国の賭けの風景を定義するものです。フィリピンでは、 サッカーは最も人気のあるスポーツです パンターの間で。なぜなら、賭けるサッカーの試合は常にあり、サッカーの試合の結果は偶然ではないからです。適切な分析と戦略があれば、サッカーの賭けに勝つことはまったく難しくありません。

しかし、それだけではありません。サッカーには、数百とは言わないまでも数十の賭け市場が存在するからです。試合の勝者に加えて、フィリピン人は他の市場の中でも、ゴールとコーナーの数、そしてレッドカードがあるかどうかに賭けています。

サッカーに加えて、フィリピンで他のパンターが好むスポーツには、競馬、ボクシング、ゴルフ、ラグビー、野球、ダーツ、クリケット、アメリカンフットボール、バスケットボール、武道、カーレースなどがあります。 eスポーツベッティングも国内でかなりの人気を誇っています。

賭けるフィリピン人選手のお気に入りのスポーツ
フィリピンで最も安全な支払い方法

フィリピンで最も安全な支払い方法

オンラインベッティングとは、資金の入金、賭け、賞金のキャッシュアウトのことです。それには、パンターが信頼できる信頼できる支払いシステムが必要です。他の場所と同様に、フィリピンのベッターには、入金と出金の幅広いオプションがあります。これらの方法のいくつかはローカルですが、他の方法は世界中の何百もの国で使用されている有名な国際決済システムです。

の話 現地のお支払い方法 フィリピンでは、間違いなくGCashが最も多く、4,500万人をはるかに超えるユーザーがいます。ただし、この支払い方法はオンラインベッティングに関してはあまり人気がなく、サポートしているスポーツブックは2、3冊しかありません。

GCashの代替

GCashの最も人気のある代替品には、Neteller、Astropay、STICPAY、Skrillなどがあります。これらの方法の少なくとも1つ以上は、フィリピンの賭けサイトで利用できます。

低料金、迅速な支払い、セキュリティ機能のおかげで、これらの方法は高い評価を得ています。たとえば、Skrillは20年近く運用されています。そのような時の試練に耐えることは、認められるに値するものです。

他の選択肢には、MastercardとVisaが含まれます。多くのブックメーカーはこれらの支払い方法から徐々に離れつつあるかもしれませんが、VisaとMastercardは依然としてどこでも最も信頼できる支払い方法の1つです。彼らの長年の評判のおかげで、これらの2つはまだeウォレットとビットコインでさえ彼らのお金のために走ります。

フィリピンで最も安全な支払い方法
フィリピンでの賭けの歴史

フィリピンでの賭けの歴史

ギャンブルは早くも1975年にフィリピンで合法化されました。その年、当時のフェルディナンドマルコス大統領は、政令第1067号に署名しました。これは、PAGCORの設立に道を譲ったのと同じ法律です。

当初、パンターは試合の勝者に賭けていましたが、時間が経つにつれて、賭けは他の市場を含むように拡大し、ベッターに選択の自由を提供しました。スポーツベッティングは最近日ごとに上昇しており、外国のブックメーカーがその道を切り開いています。

フィリピンでの賭けの歴史
今日のフィリピンでの賭け

今日のフィリピンでの賭け

単純な活動として始まったものが、今では数十億の業界に発展し、スポーツファン、ベッター、ブックメーカー、支払い処理業者など、多くの利害関係者が集まりました。先に述べたように、フィリピン人は今や幅広い市場、そしてもちろんスポーツに賭けることができます。

これには、サッカー、競馬、テニス、ボクシング、ラグビー、陸上競技、ゴルフ、総合格闘技、バレーボール、バスケットボールなどのスポーツが含まれます。また、フィリピン人に合わせた数 スポーツブック かつてないほど高くなりました。過去にフィリピンで運営されていたスポーツブックの数を簡単に数えることができます。今日、フィリピン人のための何百ものオンライン賭博サイトが存在しているので、フィリピン人を受け入れるすべての賭けサイトに言及することは大きな仕事です。

多くのギャンブルサイトは、スポーツベッティングボーナスが不可欠な環境を作り出しています。プレイヤーが賭けサイトを争うのではなく、賭けサイトはパンターを求めて競争するようになりました。そこでボーナスが登場します。

各賭けサイトはその取引を維持するための顧客基盤を作りたいと考えており、ボーナスは競合他社からのパンターと格闘するための最良の戦略と見なされています。だからこそ、ボーナスはフィリピンの賭けの世界のいたるところにあるようです。

フィリピンの賭博産業の大規模な成長は、インターネットという1つのことに起因する可能性があります。

今日のフィリピンでの賭け
フィリピンの賭博業界におけるインターネットの役割

フィリピンの賭博業界におけるインターネットの役割

インターネットがあれば、フィリピン人はもはや物理的な賭けの関節に行く必要はありません。いわゆるワールドワイドウェブは、これらのジョイントをベッターの玄関口にもたらしましたが、それでもなお、彼らの手のひらの上で。最初はデスクトップへの賭けでしたが、今日では、外出先でのモバイルベッティングについてです。

スマートフォンを使えば、フィリピン人はいつでもどこでも好きなときに賭けることができ、地理的な問題はありません。フィリピンのごく一部だけがインターネットに対応していた当時とは異なり、今日、フィリピンの人口の大部分はインターネットにアクセスできます。これにより、ブックメーカーはできるだけ多くの市民にアクセスできるようになり、選択したゲームに賭けることができます。

フィリピンの賭博業界におけるインターネットの役割
フィリピンでの賭けの未来

フィリピンでの賭けの未来

先に述べたように、フィリピンの賭博業界は少なくとも60億ドルの価値があります。そのような大きな産業には確かに未来がなければなりません。近年、国はこれまでに見たことのない賭けの人気の急上昇を目撃しています。国の法律賭博法が賭けをする人の側にあるのは当然のことです。そうは言っても、大きな問題は、フィリピンの賭博業界の将来はどうなるのかということです。

まあ、未来はおそらく多くの人が想像するよりも明るいでしょう。将来は次のように予測されます。

暗号通貨の使用

長年にわたり、Visa、Mastercard、e-walletsなどの支払い方法(ネッテラー、 PayPalなど)は、フィリピンのスポーツベッティングの領域を支配しています。しかし、それは暗号通貨のおかげですぐに変わるでしょう、特に ビットコイン。この電子通貨はゆっくりと勢いを増しており、かなりの割合のスポーツブックがすでにそれをサポートしています。

しかし、暗号には、賭けをする人が無視できない特典が付いています。彼らは安全で安心であり、パンターは匿名で賭けることができます。暗号がインスタントトランザクションを可能にするという事実は大きなプラスです。

よりモバイルに合わせたギャンブル

将来的には(そしてそれはすでに起こっています)、スポーツブックはモバイルデバイス向けに最適化されるでしょう。実際、それらの多くはすでにモバイルパンター専用に設計されたプラットフォームを持っています。

フィリピンでの賭けの未来
フィリピンではスポーツブックは合法ですか?

フィリピンではスポーツブックは合法ですか?

フィリピン人がオンラインスポーツブックに賭けるのを妨げるものは何もありません。それは国のギャンブル法がそれを許可しているからです。現在、フィリピン人にはオンラインで賭ける2つのオプションがあります。オフショアスポーツブックと国内所有のスポーツブックです。

フィリピンではスポーツブックは合法ですか?
フィリピンのスポーツベッティングサイトが合法であるかどうかをどうやって見分けることができますか?

フィリピンのスポーツベッティングサイトが合法であるかどうかをどうやって見分けることができますか?

この記事で前述したように、1975年にフィリピンで賭けが合法化され、同じ年にPAGCORが設立されました。フィリピンのすべての国内ギャンブルプラットフォームは、国営の規制機関であるPAGCORによって監視および規制されています。

オフショアギャンブルプラットフォームは、英国ギャンブル委員会などの国際機関によって認可されています。したがって、ベッティングプラットフォームとベッティングは、一般的に、フィリピン当局のレンズでは合法であると見なされます。

フィリピンのパンターは賞金に税金を支払う必要があることは言及する価値があります。税額は、パンターが勝つ金額によって異なります。ただし、10,000〜20%ペソを超えるすべての賞金には標準のフラットタックスが課せられます。国内のすべてのブックメーカーは、これらの税金を差し控えて政府に送金する責任があります。

これは特に地元で所有されているスポーツブックで機能します。国際的なブックメーカーに関しては、フィリピンのギャンブル法に拘束されていないため、税金を源泉徴収しないことを決定できるため、これは困難な場合があります。ありがたいことに、評判の良いブックメーカーなら誰でもプッシュアンドプルなしで税金を送金するでしょう。

フィリピンのスポーツベッティングサイトが合法であるかどうかをどうやって見分けることができますか?
フィリピンの賭博行為

フィリピンの賭博行為

フィリピンのギャンブル法は、スポーツブックを管理し、賭けをする人を保護することを目的としています。そのため、この目標を達成するために、1975年の大統領令第1067号に修正と改善が加えられました。フィリピンのパンターとフィリピンの賭博業界全体に影響を与えるいくつかの重要な法律と法律があります。

1975年大統領令第1067号

1975年に制定されたこの法律は、PAGCORを作成しました。その責任は、この投稿ですでに言及されています。法律はフィリピンでの合法的なギャンブルとは何かを定義し、PAGCORの機能と権限を定めています。また、同法では、PAGCORが国内のギャンブル業界からの収益をどのように収集して使用するかについても説明されています。

1978年大統領令第1602号

この法律は、国のギャンブルの法律違反者が直面する罰を定義しています。この法律の最初のセクションには、競馬、バレーボール、サッカー、サッカー、ピンボール、ボクシング、バスケットボールへの賭けを含む、フィリピンでのすべての合法的なギャンブル活動が記載されています。

この法律によると、無認可の賭けプラットフォームを操作し、1つで賭けることは、罰金と懲役によって罰せられます。国内での違法なギャンブル活動について当局に通知した者には報酬が与えられます。

1983年大統領令第1869号

これは、フィリピンのギャンブル業界の適切な規制を概説するPAGCORの憲章です。これは、PAGCORが国内のすべてのチャンスゲームを承認、ライセンス供与、および規制する際に従うすべてのガイドラインを詳しく説明しています。さらに、この法令は、ブックメーカーがギャンブルのライセンスを取得する際に従う法的枠組みの概要を示しています。

1994年共和国法7922

これは、いわゆるカガヤン経済特区が設立された法律です。この経済特区はカガヤンバレーにあり、近隣の島々とフリーポート市が含まれています。この法律には、法律顧問、監査、監督、補償など、カガヤン経済特区のすべての法律情報が含まれています。

大統領令第13号

これは2017年に制定され、違法なギャンブル活動を構成するものが何であるかを明確に説明しています(評判の良い団体によって認可されていないギャンブル)。この法律はまた、フィリピン人のパンターが国内で地元で所有されているスポーツブックにアクセスすることを禁じています。

2017年共和国法10927

この法律は、フィリピン人がギャンブルの危険から身を守るために、国内のすべてのギャンブル事業者がリスク管理戦略を実施することを義務付けています。

フィリピンの賭博行為
よくある質問

よくある質問

フィリピンではスポーツベッティングは合法ですか?

答えはイエスとノーです。カガヤン地域では、外国人のみがオンラインで合法的に賭けることが許可されており、市民は禁止されています。とはいえ、他のすべてのフィリピン地域の市民は、そのような活動がPAGCORの要件と規制を満たしている限り、法的にギャンブルを許可されています。

ただし、ギャンブルは、自宅ではなく、PAGCOR認定の関節でのみ可能です。自宅の快適さから賭けたい人は、認可されたオフショアスポーツブックでそうすることができます。

フィリピンで賭ける最も人気のあるスポーツのいくつかは何ですか?

フィリピンで最も人気のある賭けのスポーツには、サッカー、ラグビー、競馬、テニス、クリケット、バスケットボール、野球などがあります。

フィリピンのスポーツブックで人気のある支払い方法は何ですか?

フィリピンの賭け業界で使用される最も一般的な支払い方法には、GCashや、Skrill、Neteller、Astropayなどのeウォレットがあります。マスターカードとVisaもオプションです。

賞金は課税対象ですか?

はい。フィリピンのすべてのパンターは、賞金に税金を支払う必要があります。 texは賞金によって異なりますが、10,000フィリピンペソを超えるすべての賞金には20%のフラットタックスがかかります。

フィリピンの法定ギャンブル年齢は何歳ですか?

カガヤン地域では、合法的なギャンブルの年齢は18歳です。フィリピンの他の地域では、合法的にギャンブルをするためには、パンターは21歳でなければなりません。

よくある質問