10 Sports Betting 韓国

韓国は、スポーツベッティングやギャンブル全般と非常に複雑で、しばしば物議を醸す関係にあります。東南アジア地域の近隣諸国の多くと同様に、この国はギャンブルを悪徳と見なしており、オンラインかオフラインかにかかわらず、あらゆる形態のギャンブルを厳しく制限および規制しています。そうは言っても、スポーツ賭博は、合法および違法の両方のプラットフォームを通じて、実際に韓国で非常に人気のある娯楽です。

韓国の法律では、競馬、自転車レース、パワーボートレースへの賭けが認められています。これらのギャンブル活動のほとんどは、政府所有のギャンブルプラットフォームで行われる必要があります。政府はまた、他の形式の合法的なギャンブルとして多くの宝くじを許可しています。

10 Sports Betting 韓国

SportsTotoシステムを通じて、韓国人はサッカー、野球、バレーボールなどの人気のあるスポーツに合法的に賭けることができます。 SportsTotoプラットフォームはオンラインでは利用できず、最大賭け金と賭けの種類に多くの制限があることに注意することが重要です。

韓国には23の陸上カジノがあり、そのうち22は観光客のみを対象としています。地元のプレーヤーが利用できるのは江原道のカジノだけですが、ソウルから簡単にアクセスできない国の遠隔地にあります。オンラインカジノやスポーツブックは韓国での運営が許可されていません。

Section icon
韓国での賭けの歴史

韓国での賭けの歴史

ギャンブルは朝鮮半島全体で常に人気があります。韓国人が賭けた人気のスポーツイベントには、レスリングやチャンギのような競争力のあるボードゲームが含まれていました。ギャンブルの規制は、第二次世界大戦後の時代にまでさかのぼることができます。ギャンブルは韓国全土で人気がありましたが、それは主に悪徳と見なされ、国の社会的構造に悪影響を及ぼしました。

そのため、新しく設立された韓国政府は、競馬を除くほとんどの形態のギャンブルを禁止しました。北朝鮮は、南部とのイデオロギーの違いにもかかわらず、ほぼ同時にあらゆる形態のギャンブルを禁止したことに注目するのは興味深いことです。ギャンブルは朝鮮半島全体で否定的な見方をしていました。

1967年には、韓国で最初の陸上カジノが建設され、ルールが緩和されました。これは、観光産業によって生み出される収入を最大化することによって、資金不足の国に切望されていた収入を提供することでした。地元の人々は、外国のパスポートを持っている人だけがアクセスできるカジノへの立ち入りを禁止されていました。

もう一つの興味深い点は、韓国が二重国籍を認めていないことです。事実上外国市民権を受け入れる地元の人は、韓国市民権を放棄します。したがって、地元の市民のための回避策はありませんでした。

他の開発では、主に国営のギャンブル事業でのボートレースとサイクリングへの賭けの合法化が見られました。より多くのカジノが建設され、そのすべてが韓国に住む観光客や駐在員のみを対象としています。

韓国での賭けの歴史
最近の韓国での賭け

最近の韓国での賭け

最近の重要な進展には、1990年代のSportsToto組織の創設が含まれます。これにより、初めて、野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール、ゴルフなどのスポーツに賭けることができました。しかし、それは厳しく制限され、規制されていました。手始めに、これは国営のSportsToto組織でのみ行うことができました。また、今日まで、SportsTotoはオンラインで利用できません。最大賭け限度額に関しても多くの制限があります。

2016年には、地元の人々がギャンブルをすることを可能にした最初の陸上カジノが見られました。欠点は、廃炭鉱山の真っ只中にある江原道に位置していたことです。これは、ソウルのような最も人口の多い地域で韓国人によるアクセスをブロックするための意図的な動きでした。その不便な場所にもかかわらず、それはまだ韓国で最も人気のあるカジノです。

オンラインギャンブルは、韓国のもう1つの興味深い賭けの場です。まず第一に、それは違法と見なされており、認可されたローカルオンラインギャンブルの運営はありません。さらに、政府はローカル接続がオフショアのオンラインギャンブルサイトにアクセスすることを積極的にブロックしています。韓国は世界で最も技術に精通した人口の1つであり、多くの人がVPNやその他の回避策を通じてこれらのブロックを回避する方法を見つけています。

最近の韓国での賭け
韓国での賭けの未来

韓国での賭けの未来

韓国のギャンブル愛好家からは、ギャンブル、特にオンラインギャンブルに関する法律を緩和し、近代化するように常に求められてきました。明らかに、国はギャンブルがもたらす可能性のあるプラスの経済的影響を認識しています。それは陸上のカジノが観光客と外国人にサービスを提供することを可能にします。 SportsTotoプラットフォームやその他の法的な形式のギャンブルも、毎年数十億ドルを生み出す業界を構成しています。

それにもかかわらず、政府がオンラインギャンブルの禁止を検討することを計画しているという兆候はありません。実際、オフショアのオンラインギャンブルサイトへのアクセスを禁止する取り組みは強化されているようです。政府は今でもギャンブルを、闘うべき、または厳しく規制されるべき悪徳と呼んでいます。これは何十年にもわたって変わっていません。

これは、違法で地下のギャンブル操作が韓国で引き続き人気があることを意味します。推定によると、韓国の違法なギャンブル産業は660億米ドル以上の価値があります。ギャンブルを合法化するための変更が行われるまで、これらの違法な操作は継続されます。

韓国での賭けの未来
韓国ではカジノは合法ですか

韓国ではカジノは合法ですか

簡単な答えは次のとおりです。はい、しかし状況は複雑です。陸上でのギャンブルのほとんどの形態とすべての種類のオンラインカジノは違法です。そして、韓国の23のカジノのうち、地元の市民がギャンブルを許可しているのは1つだけです。

ギャンブルに対する政府の一般的な薄暗い見方は、韓国人はギャンブル依存症に何らかの形で影響を受けやすいという主張から来ています。ギャンブルが禁止される前に広まった第二次世界大戦後の期間は、ギャンブルがチェックされないままにされた場合に国の社会的構造をどのように台無しにすることができるかの例としてしばしば引用されます。

政府は、現在ほとんどのギャンブル事業を独占しているため、ギャンブル市場、特にオンラインギャンブルを民間企業に開放することに消極的であるという主張もあります。本質的に、 スポーツベッティング SportsTotoプラットフォームのおかげで、韓国は政府のみの業界です。

韓国人がサッカー、野球、バレーボール、バスケットボールなどの最も人気のあるスポーツを賭けるための合法的な方法は他にありません。 SportsTotoは、政府に有利な収入源を提供します。それは民間部門との競争によって危険にさらされる可能性があります。

韓国の賭博法

韓国の賭け、および一般的なギャンブル業界は、議会の法律に準拠していません。法律は、1948年に韓国政府が資金提供されたときに作成された刑法に定着しています。戦後の時代に作成されたため、ほとんどの場合、法律に大きな変更はありません。ギャンブル禁止のいくつかの側面は少し緩和されましたが、禁止はまだ残っています。

韓国ではカジノは合法ですか
韓国での賭け行為

韓国での賭け行為

韓国でのギャンブルは、国の刑法第246条によって規制されています。法律では、営利目的のギャンブルを見つけた人は誰でも最高500万ウォンの罰金を科せられるとされている。犯人が常習的なギャンブラーに分類される再犯者である場合、3年以下の懲役または最高2000万ウォンの罰金を科せられる可能性があります。

韓国のギャンブル法が他のギャンブル禁止法と異なる点は、韓国国民が国外にいるときに適用されることです。ギャンブルが合法である国でさえ、韓国市民が国外でギャンブルをしたという証拠があれば、同じ罰を適用することができます。

実際、マカオとラスベガスでギャンブルの罪で起訴された韓国人の例はたくさんあります。この法的な行き過ぎは、ギャンブルだけに当てはまるわけではありません。それはまた、国の麻薬法にも及びます。韓国人は、マリファナを合法化した管轄区域にいる場合でも、マリファナの消費を禁じられています。

興味深いことに、この法律は2022年の時点でオンラインギャンブルに施行されていません。オンライン賭博に対する政府のアプローチにより、これらのオフショアサイトへのアクセスがブロックされています。誰も起訴されていません オンラインカジノで遊ぶ。法案は、起草されたとおり、陸上のカジノでギャンブルが行われた場合にのみ施行できるようです。

違法なギャンブル事業の運営者を統治する別の法律もあります。韓国を拠点とするオンラインカジノがないため、これらがオンラインオペレーターにも当てはまるかどうかは不明です。

定期的な取り締まりと起訴に対する執行の熱意にもかかわらず、韓国には、ギャンブル禁止によって引き起こされた市場ギャップに対処する非常に活気のある違法なギャンブルシーンがあります。違法なギャンブルは、ほとんどの場合、免許のない地下カジノやスポーツギャンブルのブックメーカーの形で行われます。

韓国での賭け行為
韓国の選手の好きなスポーツ

韓国の選手の好きなスポーツ

スポーツベッティングとスポーツファンダムは密接に関連していることが多く、韓国は多くのスポーツの非常に情熱的なファンベースです。最も人気のある2つのスポーツは、距離を置いて、サッカー(サッカー)と 野球。ただし、ギャンブル法により、これらのスポーツに合法的に賭けることは困難です。

法典で賭けが許可されているスポーツには、モーターボートレースが含まれます。 サイクリング、および競馬。したがって、デフォルトでは、これらのスポーツは韓国人が合法的に賭ける最も人気のあるゲームです。

SportsTotoプラットフォームは、韓国人が賭けることを可能にします サッカーのようなより人気のあるスポーツ、野球、バスケットボール、バレーボール、ゴルフ。しかし、オンラインギャンブルプラットフォームの欠如などの制限により、多くの人がSportsTotoにアクセスできなくなります。これは、許可される賭けの種類の制限や、各賭けに賭けることができる金額の制限を考慮に入れていません。

現状では、 競馬 そして、賭けることが合法である他のスポーツが最も人気があります。しかし、韓国には660億ドル以上の価値がある違法なギャンブル産業があります。地下スポーツベッティングは、最も人気のある韓国のスポーツをよりよく示しており、ほとんどの賭けはサッカーと野球です。

韓国の選手の好きなスポーツ
韓国でのお支払い方法

韓国でのお支払い方法

見るとき お支払い方法 韓国では、合法的な賭けとオフショアオンラインカジノへの賭けは2つの別々のドメインであると考える必要があります。サイクリングや競馬などのスポーツへの法的な賭けやSportsTotoシステムへの賭けは、主に現金ベースです。これは、これらの操作がほとんどオフラインでのみ実行されるためです。

しかし、韓国のような現代の国では、オフライン取引に対するハイテクソリューションが常にあります。プレイヤーは以下を使用するオプションがあります:

  • クレジットカードまたはデビットカード
  • 銀行直送
  • モバイル取引

オンラインギャンブルの法的な灰色の領域になると、これらのオプションのほとんどは利用できません。オンラインギャンブルの禁止を実施するための協調的な取り組みの一環として、韓国は取引を監視して、ギャンブル活動に資金を提供していないことを確認しています。

これは、韓国の銀行からの直接銀行振込や韓国発行のカードの使用でさえ、オンラインギャンブルに関して問題になる可能性があることを意味します。オンラインでプレイするには、プレーヤーは次のような革新的なソリューションを使用する必要があります。

  • 韓国を拠点としないPayPal、Skrill、Neteller、EcoPayzなどの国際的なeウォレット。これらは地元のカードから資金を調達することができ、その資金はオンラインカジノでの預金に使用することができます。
  • 韓国で発行されていない物理的およびデジタルの支払いカード
  • ビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ドージコインなどの暗号通貨
韓国でのお支払い方法
よくある質問

よくある質問

韓国ではギャンブルは違法ですか?

韓国ではギャンブルは違法ではありませんが、厳しく制限され規制されています。地元の市民を顧客として許可しているカジノは1つだけであり、政府はオンラインカジノへのアクセスを積極的にブロックしています。

ただし、競馬、サイクリング、モーターボートレースへの賭けは合法です。宝くじは、ギャンブルのもう1つの合法的な形態です。 SportsTotoを通じて、韓国人はサッカー、野球、バレーボールなどの人気のあるスポーツにも賭けることができます。

韓国でオンラインカジノをプレイできますか?

いいえ、できません。政府は地元のオンラインカジノ運営者にライセンスを供与しておらず、オフショアの国際オンラインカジノへのアクセスも積極的にブロックしています。韓国のプレーヤーは、VPNやその他の手段を使用して、このブロックをバイパスし、オンラインカジノでプレーする必要があります。

韓国人は国外でカジノでギャンブルをすることができますか?

いいえ、できません。この国の法律は、韓国人が所属するすべての管轄区域に適用されます。カジノが合法である国でも、韓国人は帰国時に法律違反で起訴される可能性があります。罰は韓国の領土内で逮捕された犯罪者に似ています。

よくある質問